ドイ家の留守番猫

★お帰りなさい★迷子の菊ちゃんご報告

※本日より一週間この記事をTOP固定にします。※



ご報告:11/13午後3時半
菊ちゃんが見つかりました。




お風呂場の開けっ放しの窓から脱走して四ヶ月、
菊ちゃんは生きて、元気でいました。

ご自身のブログ等で迷子情報を転載、リンクして下さった方々、
菊ちゃんに「帰れ」コールを送り続けて下さった方々、
あきらめないでと励まして下さった方々、
皆様お一人お一人のお力添えが奇跡を起こしました。

くずれそうな気持ちを支え、道を照らして下さった皆様、
長期に渡りご支援ご協力ありがとうございました。
言葉では尽くせないほど感謝の気持ちでいっぱいです。











それは一週間前、携帯電話に届いた一通のメールから始まりました。
「迷子猫がいます!至急ご連絡下さい」

知らない人からのメール。
迷子? 拾ったから保護してってこと?
メールの意味がすぐには飲み込めずボーッとしていると、突如体中に電気が走りました。

菊ちゃん目撃情報・・・!

ガクガク震える指で連絡先の番号を押しました。
電話の向こうからは、優しく落ち着きのある若い女性の声が聞こえました。

そこは菊ちゃん失踪現場から3km近く離れた駅前の美容室でした。
連絡をくださったのはこのお店を切り盛りする女性です。
女性はお店で猫を3匹、ご自宅でも10匹飼っている、猫の良き理解者です。
この方のお店に数日前から知らない猫が現れてご飯をもらっているというのです。
その猫は毎日決まった時間に現れ、大きな声で鳴いてアピールするそうです。
人間や大きな物音にびくつき、なでようと手を近づけるとさっとよける、
でもしゃがんでご飯の用意をする女性の足や背中にはすりすり頭ごっつんこ、
女性はその様子を見て、この子は野良猫じゃない、迷子か、捨て猫か、
いずれにせよ一度は家で飼われていた経験のある猫だと確信しました。

女性は自宅のパソコンで「流山」、「迷子」、「猫」をキーワードに検索して迷子情報を探し、
ヒットした中からドイ家のブログにたどり着きました。さらにこのお店に勤務する男性がご自分のおうちの近くで菊ちゃんのポスターをよく目にして覚えていました。

急いで猫探偵さんに連絡すると、よく似た猫違いということも多いから手持ちの写真と同じ角度の写真を撮ってもらって照合し200%菊ちゃんだと確定すること、といわれました。

送ってもらった写真を照合しました。

この猫が菊ちゃんでなかったら、あの世にもこの世にも菊ちゃんは存在しない。

菊ちゃんに間違いない。


猫レスキュー(笑)nekoronさんに一報を告げると、即座に現場に出向いて下さいました。

nekoronさんは個人で地道に外猫のTNRを行い、これまで50匹以上の外猫を捕獲手術させた実績をお持ちの、これ以上ない強力な助っ人です。ご本人はほっそりしなやか、百合の花のように可憐で胡蝶蘭のようにあでやかな女性ですが、猫のためとなるとその清楚な容姿からは想像もつかないパワーを発揮します。
猛暑続きだったこの夏、nekoronさんはうだる暑さの中、一緒に迷子チラシやポスター貼り、周辺聞き込みなどに奔走してくださいました。

nekoronさんが駆けつけた日は美容室はお休みで、菊ちゃんは姿を見せませんでした。
その翌日、会社を早退してnekoronさんと現場に向かいました。













菊ちゃん。









そこにいたの。
b0181740_12522262.jpg










どんな思いで、今日まで 生きてきたの。





b0181740_16205957.jpg
・・・余裕だな。





その日からnekoronさんの捕獲作戦が始まりました。

捕獲技術に不安があり(汗)距離的にハンデのある私に代わり、nekoronさんが全面的に捕獲をかって出てくださいました。
b0181740_16214588.jpg


捕獲箱設置初日、菊ちゃんは女性にはご飯をおねだりするものの捕獲箱には警戒して入りません。その後手を変え品を変えても捕獲箱は無視され続け、四日目も空しく終わる頃、
nekoronさんは捕獲箱を断念し、作戦変更に踏み切りました。

菊ちゃんは豪華三ツ星グルメ食が入った捕獲箱には興味を示さず、室外機の上で欠伸をしたり伸びをしたり通る人をゆったり眺めるなど、「ゆとりの菊ちゃん」でした。菊ちゃんはここ以外にエサ場を持っている。ここには人恋しくて、女性にかまってもらいたくてやってくる。今の菊ちゃんは捕獲箱では捕まらない。捕獲箱は空腹時の猫にだけ有効です。
b0181740_16212451.jpg
店先で爪とぎまでする余裕。


幸い菊ちゃんはこの女性には懐いているし、いつもガラス戸の前に座ってお店の中をのぞき込み、入りたそうにしています。nekoronさんは、チャンスがあれば菊ちゃんを店内に招き入れ、ネット等で捕獲することを女性に提案しました。

そして、





長い間、待っていた吉報が。





「菊ちゃん、GETですー!」



いつも穏やかで上品なnekoronさんの、興奮して弾んだ声。





11/13午後3時半、いつものようにお店の中をのぞき込んで入りたそうにしている菊ちゃんに戸を開けてやると、すーっと店内に入ってきたそうです。菊ちゃんがまず向かった先はこのお店で飼われている猫のシャムちゃん10歳。ソファでくつろぐシャムちゃんにご挨拶しようと菊ちゃんがソファに飛び乗ったところに女性が上からネットをかぶせておナワ。
b0181740_14504182.jpg
あのガラス扉から、いつも菊ちゃんは中をのぞいていました。


菊ちゃんの命の恩人、小川様ご姉妹。(美人姉妹だあ・・・♪)
b0181740_1447413.jpg
W小川様、ステキです!尊敬します!(涙)


「Salon カットハウスケンジ初石店」 東武野田線初石駅前
b0181740_14515141.jpg
迷子の菊ちゃんに暖かく声をかけてくれたお店。
どのスタッフも気さくで朗らか、さわやかで気持ちのいいお店です。
マスコット猫のシャムちゃん10歳がお迎えしてくれます。
お近くにお立ち寄りの際には是非是非、ご利用下さい!






「たまたま運が良かっただけ。」

そうかもしれない。そのとおりです。
「たまたま」猫に理解のある人、「たまたま」菊ちゃんの迷子ポスターを見ていた人によって菊ちゃんの居所がわかりました。そして迷子情報転載を目にしたnekoronさんのお住まいが「たまたま」現場近くだったという幸運があって、菊ちゃん保護に至ることができました。

でも、その「運」は棚ぼたのように偶然転がりこんできたものでしょうか。
さまよってさまよって菊ちゃんが最後に「カットハウスケンジ」に辿り着いたのはただの偶然でしょうか。ここのスタッフの方がポスターを見て菊ちゃんを知っていたのは偶然でしょうか。
私はそこに大きな力を感じます。
見ず知らずの土地で生き延びることに必死だった菊ちゃんをこの方々のもとへ向かわせたものは何だったのか。言葉では説明のつかない何か大きな力が菊ちゃんをこの場へと導いたのだと思わずにはいられません。そしてその力が、大勢の人の菊ちゃん帰れと願う気持ち、「気」であったと思うのです。





誇張でも、社交辞令でもありません。

これは、奇跡です。

全ての方々の菊ちゃんを思う「気の力」が結実したのです。

迷子の猫をお探しの方、あきらめないで下さい。

あきらめたら奇跡は起きません。


あなたの猫は、生きています。

希望を持って根気強く、迷子猫を探し続けて下さい。

菊ちゃんのような迷子猫が一匹でも多く見つけてもらえますように。

家族が待つおうちに帰れますように。













菊ちゃん、もう、安心していいからね。
b0181740_14415923.jpg
相変わらずイケメンだな君は。 長旅の疲れはどこにある。




※菊ちゃんは現在信頼のおける方のお宅で預かってもらっています。
 落ち着いたらあらためて新しい里親様を募集します。
 菊ちゃんを生涯手元において大切にしてくれる家族に託すこと。
 そのとき、菊ちゃんの長い旅は本当の意味で終わります。
[PR]
by suessekatzen | 2010-11-20 23:59 | 野良猫兄弟
<< ハヤタを応援して下さい 今日は、金曜日 >>



共働き家庭でお留守番する猫二匹、ときどき夫の愚痴。
以前の記事
2013年 10月
2013年 04月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
あの子のおうち

★パステル三毛ぬ-こ★
  
トラちゃんの子ぬー子ちゃん
(旧:ミケちゃん)のおうち

りきの毎日
文(あやめ)ちゃんのおうち
にゃ~んず★ライフ
トラちゃんの子もみじ&はっちんのおうち
なまけもの日記
トキちゃんアキちゃんのおうち
月あかり 星あかり
LUNAちゃん(旧:メグちゃん)の
おうち

猫のハヤタ君とアイスちゃん
ハヤタのおうち
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧