ドイ家の留守番猫

Xmasイヴですが ~続続・「FIV、それで?」~

ほっくんファミリーにサンタさんがやって来ました....:*・
b0181740_17592390.jpg


寝起きのほっくん、かな~りイヤ顔・・・(笑)。
b0181740_17584910.jpg

イタシェフのほっくんとふーご君のパパは年内休みなし!
イタリアンのクリスマス・イブなんて、一年でいちばんの稼ぎ時ですからね!
パパのお店のお料理教室、年が明けたら行ってみたいなあ。
もちろん、お料理も食べに行きたいなあ。
年内はもう予約いっぱいかなあ・・・。

アキバのイタリアン・レストラン「炭火 OSTERIA boratorio(ヴォラトリオ」へ、GO!




こちらはクリスマス・イブイブに届いた嬉しい知らせ―

アキトキ家で、トキちゃんにファーミネーターできました!
b0181740_182788.jpg

嫌~な顔しながら、ゴロゴロいってたそうです(笑) 「それが何か?」とかのご意見は、なしで。
ちょっとずつ、ちょっとずつトキちゃんとの距離を縮めるママ。 パパも頑張れ~。
実家では見せなかったいろんな表情をするようになりました・・・。




なぁなぁの親戚のはち君は、6㎏超えのご報告・・・。
いつもまともな写真がない(笑)はち君ですが、その気になれば、キリッ★
b0181740_1829426.jpg


             「これが、真の実力でつ。」キリッ★
b0181740_18311234.jpg


正統派ニャンドル・もみたんだって、キラッ☆
b0181740_18315529.jpg

暗い気持ちのあなた、はち君ともみじたんのお家、「にゃ~んず★ライフ」へ、GO!
愛と笑いであふれてます♪






◇◇◇◇◇◇ありがとう◇◇◇◇◇◇

いつもドイ家を励まし暖かいコメントやアドバイスをくださるPママから―
b0181740_1854612.jpg

病気と立派に闘ったなぁなぁは、今ごろ天国のホカホカカーペットに寝てるはず、と。

なぁなぁに、おやつと柿(!笑) 私(たぶん)には、ハワイ土産のスウィーツ
b0181740_1858214.jpg
卯野検査官の厳しい検閲中(笑)
Pママ、ありがとうございます!






◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さて、FIVキャリアの菊ちゃんとそうでない卯野ちゃんが一緒に暮らしていることについて説明せよとのコメントをいただきました。卯野ちゃんへの感染の可能性を懸念されてのご意見と思われます。

FIVの感染及び発症に関する私の見解については以下の過去記事もご一読下さい。

FIV, na und? (FIV、それで?) 」 (2010年3月31日付)
愛しの小梅ちゃん ~続「FIV、それで?」(2010年4月2日付)

b0181740_1981867.jpg



【FIVの感染経路は】
FIVウィルスの感染経路には垂直感染(母子感染)と、それに対する平行感染があります。平行感染の場合、ウィルスはキャリア猫の唾液・血液・精液等に含まれています。

このうち唾液・精液のウィルス含有率はごく微量です。「かなり濃厚」なグルーミングや食器の共用でも、唾液をガブ飲みするくらいでないと感染しません。また交尾の際の感染は精液によるものよりも交尾中の興奮状態で相手の頭部耳部に咬みつくことによる咬傷からの感染が大部分とみられています。

そして血液感染の経路は、激しい闘争時の(流血を伴う)深刻な咬傷が殆どです。これまでの調査研究で、平行感染の症例は、この「激しい闘争時の咬傷」以外は認められていません。ただ野良猫の生態は多種多様でまだ実態把握が困難であり、野良猫全頭に対して検体数が絶対的に不足しているため、この調査結果を適用できず、全ての可能性には含みを持たせたままになっています。
b0181740_1754320.jpg

現実論として、激しい喧嘩など起こりえない平和的で良好な関係の猫同士ではFIVウィルスの感染はないと結論づけてよいといえます。 


【感染する可能性は】
確かに感染症に「絶対大丈夫」という言葉は存在しません。どんなに感染力の弱いウィルスでも、たとえ病院といえども、同一建物内では感染の確率を絶対値ゼロにすることはできません。すなわち、感染症キャリアの猫を隔離室で保護しているお宅といえど同居する他の猫への感染の「可能性」は厳密に言えばゼロではないのです。こうした現状で、「感染の確率が完全にゼロとは言え」ないなら隔離すべきというご意見、また「可能性」云々の議論は不毛であり現実的ではないと考えます。
b0181740_1754564.jpg

獣医師間でも見解や対応にはばらつきがあります。それを反映してと思われますが、保護主でもFIVキャリア猫を隔離する人しない人、どちらもあります。わずかな可能性や危険を回避するためFIVキャリアの猫の一匹飼いを希望する保護主さんもいます。


【そして、隔離しない】
上記のことから、猫同士の深刻な闘争の恐れのない(お互いを傷つける恐れのない)FIVキャリアの菊ちゃんとノンキャリアの卯野ちゃんとは部屋を分けず一緒に生活させて問題なし、すなわち卯野ちゃんへの感染の可能性なしとの判断に至りました。

コメントの方が「気になった」とおり、過去にFIVキャリアの子が同居しているという理由だけで未感染の健康な子を辞退されたことが何度かあります。コメントの方もその方々と同じスタンスなのでしょう。

卯野ちゃんがFIVキャリアの菊ちゃんと仲睦まじく遊ぶ姿を快く思わないご家族なら、そして説明してもご納得いただけないご家族なら、卯野ちゃんの将来の家族ではなかったということです。もともとご縁がなかったのです。

b0181740_17574412.jpg

どんなに言葉を尽くしても、人によっては乗り越えられない心の壁が存在します。しかし卯野ちゃんにはその種の価値観を超越したところでなお強い絆で結ばれるべき運命の家族との出会いがあると信じています。









「長文は駄文だぞ。」
b0181740_18503780.jpg

メリー・クリスマス....:*・      て、本当はいつ言えばいいの?
[PR]
by suessekatzen | 2010-12-24 19:24 | 里親募集!
<< クリスマスでした BOY MEETS GIRL >>



共働き家庭でお留守番する猫二匹、ときどき夫の愚痴。
以前の記事
2013年 10月
2013年 04月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
あの子のおうち

★パステル三毛ぬ-こ★
  
トラちゃんの子ぬー子ちゃん
(旧:ミケちゃん)のおうち

りきの毎日
文(あやめ)ちゃんのおうち
にゃ~んず★ライフ
トラちゃんの子もみじ&はっちんのおうち
なまけもの日記
トキちゃんアキちゃんのおうち
月あかり 星あかり
LUNAちゃん(旧:メグちゃん)の
おうち

猫のハヤタ君とアイスちゃん
ハヤタのおうち
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧