ドイ家の留守番猫

<   2009年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

あらためて、はじめまして★ボクは、菊ちゃん



一夜明けて。


菊(キク)ちゃんはすっかり落ち着いています。
b0181740_1246216.jpg
※せっかくだから、漢字をあてて「菊ちゃん」にしました☆


妹の小梅ちゃんもケージの中に遊びに来る始末。
b0181740_12464697.jpg



ケージから出たくて、ク・フーン、ク・フーンて甘えたな声で鳴きます。
b0181740_12473270.jpg





どうなんだ? まだ早い? 














キクちゃんをケージから出してみました。








しばらくすると―



猫の配置がなんかいつもと違う。
b0181740_1249065.jpg
ビミョー。



隣室をひとり堂々と占拠するのは―




キクちゃん。
b0181740_12494187.jpg




その様子は、ビクビクおどおど、ではなく、ワクワクキョロキョロ。
b0181740_12502172.jpg




「やあ!君たちは、だれ?」
b0181740_12504885.jpg



「ボクは、菊ちゃん。よろしくね!」
b0181740_12511815.jpg








この子、・・・・・
b0181740_12515178.jpg








大物だわ。
b0181740_12523995.jpg




一夜にして、ドイ家のVIPベッドを占拠しました。
b0181740_1253879.jpg
権太なんか万年家来の座。



妹の小梅ちゃんだって、ここですよ・・・。
b0181740_12535768.jpg







「寝心地は、まあまあだね★」
b0181740_12544239.jpg
お、恐れ入ります。・・・
[PR]
by suessekatzen | 2009-12-08 23:42 | 野良猫兄弟

キャリーはとられたけど

今朝のエサやり。

私が行くと、キクちゃんがお出迎えしてくれました。
b0181740_128576.jpg



ご飯を待つ間、配膳する私の背中や足元にスリスリッとします。
b0181740_129149.jpg



キクちゃんがすれば、トキちゃんも真似します。
b0181740_129297.jpg



昨日の首根っこひっつかみ失敗でトキちゃんの警戒心が強まっていないか心配でしたが、
b0181740_1294988.jpg



とりあえずひどく私を恐れるでもなく厳戒態勢で警戒する様子もなく安堵しました。
b0181740_1210816.jpg



この朝、持参したキャリーを物陰に置いていきました。
b0181740_12102479.jpg



このあたりなら家主にも見つからないだろうし、
b0181740_12103814.jpg



今日は日中も10℃を下回る厳しい寒さという予報だったので、
b0181740_12105595.jpg



少しでも暖を取れるように、
b0181740_12111360.jpg



そしてキャリーに抵抗がなくなるように。
b0181740_12112543.jpg







・・・・・・・・・







大失敗。

夜のエサやりには、キクちゃんが一人で待っていました。
b0181740_1211575.jpg





そして、・・・・・

キャリーがなくなっていました。
b0181740_12121927.jpg



家主に見つかって、持って行かれたのでしょう。
b0181740_1212389.jpg





この冬一番の寒さという予報はウソではなかった。
b0181740_12125715.jpg


指先が痛くてちぎれそうな寒さです。

それでもキクちゃんはご飯が終わると私の前にちょこんと座ってオモチャを待っています。
b0181740_12131750.jpg



遊ばせて、
b0181740_12133123.jpg



遊ばせて、
b0181740_12134969.jpg



たくさん遊ばせて、
b0181740_12141186.jpg



いつものようにおヒザにも誘導して、
b0181740_12142860.jpg


おヒザでもたくさん遊ばせて、・・・

・・・・

おヒザ抱っこでまったりし始めました。
b0181740_12324672.jpg



寒い夜でしたから、おヒザはほんわり暖かで気持ち良かったのでしょう。

・・・・

千載一遇のチャンスです。

キクちゃんは私の手の中に。

ああでもキャリーがない。(号泣)


夫に連絡したくても携帯がない。

かといって、今おヒザで気持ち良さそうにぬくぬくするキクちゃんを、
じゃ又明日ね、といってこの場に置いていくことは、もうできない。

別のキャリーを取りに一度家に帰ったら、キクちゃんはもうどこかに行ってしまう。



・・・・・


取られた(涙)キャリーに敷くつもりで、古着の半袖セーターを持ってきていました。

これなら、ある。 これしか、ない。


キクちゃんこの中もっとあったかいよ~と目の前で裾を広げてやりました。

もそもそもそ。

キクちゃんセーターの中に入る。

そのまま、まったり。

あったかいねーとセーターの上からなでてやりながら、
何気なくさり気なく、首、袖、裾、全ての開口部をぎゆ~~と手で握り締める。

そのままカバンに詰めて、カバンの口のチャックをしっかり閉じたら、お家へGO!

カバンを落としそうになるくらい中で猛烈に暴れたけど、
「ゴメンね、ゴメンね、もうちょっとでお家だからね!」と声をかけながら。









おうちです。
b0181740_12154975.jpg




小梅ちゃん、誰だか、分かった?
b0181740_12161858.jpg




権太はなんですか、見張り番?
b0181740_12163686.jpg


 

目張りしたケージに入れた直後、中で3Dの大暴れして柵に体当たりはするわお水はひっくり返して床びしょびしょにするわ、私はとんでもないことをしたのかと怖くなって、みいさんに電話で泣きつきました。
「今はパニックになってるから、しばらく放っとく。」




本当だ。5分で静まりました。
b0181740_12165547.jpg



オバサンのことも思い出してくれたみたい。
b0181740_1217980.jpg



キクちゃん、まずはここからね。
b0181740_1217228.jpg



今日からキクちゃんはおうちの中で暮らすのよ。
b0181740_1217481.jpg



もう、寒くて怖いお外には行かないよ。
b0181740_1218564.jpg







私がキャリーを置いていったことで、家主は神経をとがらせていることでしょう。

私の軽率な行動で、ここは猫にとってますます危険な場所になりました。









なつめちゃん、オバサンを、外のお兄ちゃんお姉ちゃんたちを見守ってて。
b0181740_124878.jpg

[PR]
by suessekatzen | 2009-12-08 11:45 | 野良猫兄弟

お外の子にキャリーを見せる

今朝のエサやりにはキクちゃんとトキちゃんが来ました。
b0181740_16254337.jpg




アキちゃんは、もうたまにしか姿を現さなくなりました。
b0181740_1794321.jpg

毎回見るたびに警戒心が増し、目つきが険しくなっているような気がします。
普段どんな辛い目に会っているのか・・・。



今朝はびっくりすることがありました。

いちばん臆病なキジトラのトキちゃんが、キクちゃんと一緒に私の足元に駆け寄ってきてスリスリッとしたのです。
b0181740_1627797.jpg




そしてご飯を食べている最中に背中をなでても逃げませんでした。
b0181740_1627261.jpg



キクちゃんが一心不乱に猫じゃらしをおいかけているとき、背後から私の背中に飛びついたり・・・。
b0181740_16274092.jpg



トキちゃんのもふもふお腹。
b0181740_16275571.jpg



ちっちゃくて丸い小顔、くりんくりんの丸いお目目、
b0181740_16281450.jpg



トキちゃんは全てがちまちまっと丸くて、愛らしい子猫です。
b0181740_16282841.jpg



でも、トキちゃんがここまで私の近くに来れるのは、キクちゃんがいるから。
b0181740_16285155.jpg



キクちゃんがいるから安心して勇気を出して私に接近してみる。
b0181740_16385230.jpg



キクちゃんが遊んでるから、自分も少しだけ遊んでみる。
b0181740_1629770.jpg



キクちゃんがいなかったらトキちゃんは自分一人では私に近づく勇気はない。
b0181740_16292147.jpg



トキちゃんを後に残してはいけない。
b0181740_16293640.jpg



せめてキクちゃんとトキちゃんは一緒でなければいけない。
b0181740_16295039.jpg



お試しにキャリーを持っていってみました。
b0181740_163052.jpg



大丈夫。警戒していません。
b0181740_16302122.jpg



好奇心に勝てず近寄ってにおいチェック。子猫のいい所であり危険な所です。
b0181740_1630478.jpg



たっぷり遊んで、キャリーにも十分慣れて、
b0181740_16263920.jpg



トキちゃんにもたっぷりさわって、背中をなでさせてくれる頃合を見計らって、・・・・
b0181740_16533873.jpg




首根っこガシッとつかんでキャリーに足から入れようとしたら、・・・・
b0181740_16345878.jpg














逃げられた。



失敗・・・。






両手両足で思いっきりキャリーの入り口で突っ張るんだもん。


私に一発必中の覚悟が足らなかった。

一瞬の心の迷いと恐れから、手元がひるんでしまいました。
一度怖い思いをして、明日から来なくなるかもしれない。かわいそうなことをしました。
b0181740_1773572.jpg
(車の下は野良猫兄弟のお母さんと思われます。)




キクちゃんも・・・・?


キクちゃん、あまり気にせずオモチャにたわむれます。 
b0181740_1657694.jpg


よかった。
b0181740_16592481.jpg
(てか、トキちゃんの逃亡劇、見てなかったわけ?)
[PR]
by suessekatzen | 2009-12-07 00:47 | 野良猫兄弟

それでもガールズは遊ぶ

小梅ちゃん?
b0181740_1045302.jpg



なつめちゃんのこと、思い出してるの?
b0181740_10432740.jpg
「・・・・・・」


あやめちゃんがお姉ちゃまなら、小梅ちゃんはさながらお母さん。
b0181740_10335124.jpg



なつめちゃんは、小梅ちゃんを母親のように慕っていました。
b0181740_10434619.jpg



そして小梅ちゃんも、なつめちゃんのことをかわいがっていました。
b0181740_1034203.jpg
こんな格好ですが。


小梅お姉ちゃま!
b0181740_10344234.jpg



b0181740_10422739.jpg
め組ガールズ時代の午睡風景



小梅ちゃんの大好きな猫じゃらしで元気づけます。
b0181740_104438.jpg




「ガーー!」
b0181740_10442222.jpg



「あ、落ちた。」
b0181740_10443835.jpg



「・・・・・」 (←拾いに行こうか迷っている。)
b0181740_1044527.jpg





あやめちゃんも、元気に遊んでいます。
b0181740_12121994.jpg
踏ん張るあんよがラブリー♪


写真がなかったのでなかなかブログにUPできませんでしたが、
b0181740_12205988.jpg
ああ、あやめちゃん持ってかないで・・・



実はあやめちゃん、立ッチがとても上手です。
b0181740_13513239.jpg


b0181740_12215142.jpg
(参考写真) 女同士ジャブの応酬。



かくれんぼしててバアー!ておどかすと、キャッ! て両手バンザイしてびっくりしてくれるので、おどかすのが楽しい。
b0181740_12222139.jpg




両手で私の顔をはさんでチュッ、チュッ、てしてくれるときも、もちろん立ッチ。
b0181740_12224225.jpg




おもちゃにじゃれるときも、基本は二本足立ッチ。
b0181740_1223419.jpg




あやめちゃんの立ッチは安定性抜群です。だから滞空時間(笑)長いです。
b0181740_12232272.jpg


b0181740_13544719.jpg
・・・下半身が安定しているということかと思います。



とにかく、可愛いんです! 悶絶の可愛さです!
b0181740_12235321.jpg




相手をしてやれないときに立ッチして一人遊びする姿はけなげです。
b0181740_12241894.jpg
b0181740_13532723.jpg
百合の花になったなつめちゃんに見守られながら、あやめちゃんは遊びます。





・・・・・・



あやめちゃんまでこのおうちからいなくなるなんて。  (あ、バカバカバカ)







さて昨日は猫ボラさんの食事会にお声をかけていただき、参加しました。
なつめちゃんを見送ったその日の夜のことでしたが、
メンバーは日頃多くの犬猫たちを救っている大先輩諸姉。
お話を聞く又とない機会なので、ノート片手に(←ウソ)駆けつけました。

「保護している子猫が死んだ。」
友人であれ職場であれ「そんなこと」で涙をみせたらヒカレます。
「そんなこと」の痛みを知っている人たちの中に入りたかったから。

メンバーは、ハハさんチチさん、ハハ妹さん、権太の救い主のみいさんぷくぷくさん、ぷくぷくさんの保護猫を預かるCさん、姉ちゃんさんパピコ代理さん、そして店先瞬間参加(涙)のはんなりさん
私など足元にも及ばない、いずれ劣らぬ犬猫ボラ界の大ベテランです。
普段自分の周囲では話題にできない猫ボラの話がたっぷり聞けて、楽しかったです。
そして、一人じゃないんだ、また明日から頑張ろう、と、元気をもらいました。
[PR]
by suessekatzen | 2009-12-07 00:17 |

なつめちゃん かくれんぼ


なつめちゃんは、どこにいるでしょうか?(笑)
b0181740_1352255.jpg








そこにいるのは、だ~れだ?♪
b0181740_14572010.jpg



「すぴー。」
b0181740_14572952.jpg
ポッケが、なつめちゃんのベッドでした。(笑)



b0181740_1357493.jpg



おヒザも、なつめちゃんの専用ベッドです。
b0181740_1521422.jpg




なつめちゃん以外だれも乗りたがらないから。(笑・泣)
b0181740_1546191.jpg





お顔がお皿よりちっちゃい。
b0181740_1524558.jpg

なつめちゃんも、いっぱい食べたら、なぁなぁおいちゃんみたいなデカ猫になったかな?(笑)








おんもに、何が見えるかな?
b0181740_15373151.jpg
すりガラスなのに、よくこんな仕草をしました。



ふわふわお尻と、ねずみさんのしっぽがプリティー♪
b0181740_15374524.jpg




あやめお姉ちゃまがお熱を出したときは、ずっとそばから離れませんでした。
b0181740_15521911.jpg




あやめちゃんが寝てるところには、必ずなつめちゃんもいます。
b0181740_15561993.jpg





あやめちゃんが、おいちゃんのキレキレ攻撃を受けると、
b0181740_1672312.jpg



よっこらしょって方向転換して、
b0181740_1684764.jpg



あやめちゃんの(なぁなぁおいちゃんの?)加勢をします。
b0181740_169482.jpg



一緒にあやめちゃんをキレキレ。(笑)
b0181740_16918100.jpg




そしたら自分もキレキレされちゃいました。
b0181740_1693296.jpg



「あやめお姉ちゃま、起っきちて、一緒になぁなぁおいちゃんを、やっちゅけようヨ!
b0181740_1695472.jpg



超眠いあやめちゃんには、どっちも迷惑。(笑)
b0181740_1610143.jpg





なつめちゃん?
b0181740_16143382.jpg




また、かくれんぼの続きかな?
b0181740_16144874.jpg








だれか、なつめちゃんを 知りませんか?  

b0181740_1617815.jpg

どこかに 転がってるはずなんです。
[PR]
by suessekatzen | 2009-12-06 22:53 | なつめちゃん

なつめちゃんは お花に囲まれて

週末を待って、電車とバスを乗り継いで、病院から紹介されたペット霊園へ行きました。
b0181740_085530.jpg


受付を待つ間にも、大きな箱、小さなカゴを抱えた家族が途切れなく訪れました。

そのとき夫の目に留まったお焼香場。
お線香から静かに立ち昇る細い白い煙の筋が、夫の心を揺さぶりました。

「本当に、本当になつめちゃんを、火葬にするの?」
「こんなに可愛い、きれいな子を、燃やすなんて・・・」
b0181740_14325962.jpg


その先は涙で言葉になりませんでした。

しかたなく夫を斎場の外に連れ出し、気持ちが落ち着くまで生垣で休ませました。
(普通逆だろ、とこんなときにも心の中で突っ込み入れたり。)


夫はどうしても火葬する気になれず、結局、自転車屋のおじさんに頼んで、
店の裏のお墓に埋めてもらおうということになり、そのまま同じ道を引き返しました。




以下からは、私の外出中に夫が一部書き込みました。





 


今日はナツメちゃんが最後の旅にたちました。

b0181740_23444148.jpg


今まで会った猫達の中に、一番可愛、親し、明るく子でした。
私はナツメちゃんいつも「ベンティ」と呼びました。
死んでからやっとナツメちゃんの名前覚えました。

b0181740_065263.jpg

「なつめちゃん」という名前を無視して、勝手に「ベンティちゃんベンティちゃん♪」と呼んでいた夫。なつめちゃんを病院に運んだときも、「うちのベンティちゃんが」と言ってしばし混乱を招いたようです。
あんだけ私が「なつめちゃん」と呼んでいたのに聞いてなかったのか・・・・? (プチ怒)



ナツメちゃんは1か月しか我が家にいませんでした。
私は留守が多くって3週間ナツメちゃんと一緒にしかいませんでした。
もう何もやることがありません。せめて最後の旅を一緒に行きたいと思いました。

b0181740_01558.jpg



b0181740_032198.jpg


さびしくないように。
b0181740_043017.jpg






火葬を考えたけど、近くにいたいと思って花のベットに埋めるにしました。

b0181740_0102816.jpg
自転車屋の裏庭で。

ここはトラちゃんの子どもたちも眠っている所。さながら猫の幼稚園です。
なつめちゃんも、ここならお友だちがたくさんいて、さみしくありません。

b0181740_14315872.jpg



これからは、ナツメちゃんは百合の花に守られています。
b0181740_075515.jpg


かわいい、かわいい、なつめちゃん。
大きくなったら、この花のような美しい女の子になったことでしょう。
b0181740_14382498.jpg



b0181740_0111922.jpg


白く、清楚で愛らしく。 なつめちゃんは 百合の花に似ています。



b0181740_0115293.jpg

百合の花
b0181740_0123865.jpg




おじさんが用意してくれたお線香で、お焼香します。
b0181740_0132616.jpg
おじさんは、店先の車道で命を落とした野良猫やトラちゃんの子どもたちを葬るときも、こうして一人ひとりお線香を立て、成仏を祈ります。





これからナツメちゃんはパパの心に生きています。

b0181740_055466.jpg

ナツメちゃんは 百合の花になりました






b0181740_14373834.jpg












ねずみさん?(笑)
b0181740_14513855.jpg
  

本当だ。よく似てる(笑)



・・・・・・・





ねずみさん、


チョロチョロ。






どこでちゅか?


出ておいで。







「ばあ!」
b0181740_14521452.jpg







ああ。  


なつめちゃん  そこにいたの。




b0181740_1594116.jpg

[PR]
by suessekatzen | 2009-12-06 01:08 | なつめちゃん

なつめちゃんと最後の夜 

昨夜の猫たち。
b0181740_15415357.jpg
ヘンなとこで寝る権太にすり寄る小梅ちゃん。


どの子も普段と違う場所で寝ていました。
b0181740_1542121.jpg
b0181740_15412491.jpg
あやめちゃんは、なんでそこ・・・?




そうね、いつもなつめちゃんと一緒にネンネしていたものね。
b0181740_15111582.jpg



あやめちゃんとおそろいの首輪。
b0181740_1235827.jpg
あやめちゃんのは、すり切れてます。(笑)


首輪を着けるにはあまりに小さくて、はかなくて、こわれそうで、
新しいおうちへ送り出すとき持たせてあげるつもりでした。
b0181740_13515245.jpg







おそろいの首輪が、よく似合う。
b0181740_1630163.jpg




天国へ行くとき、迷子にならないように。
b0181740_16301321.jpg
ドイ家の娘とわかるように。




あやめちゃんは、なつめちゃんと遊びたくて、一生懸命誘います。
b0181740_16302928.jpg








大きい兄ちゃん姉ちゃんたちは、時折しのび寄ってふんふんするけど、
b0181740_16483984.jpg



あやめちゃんは、ネンネしたまんまのなつめちゃんが気になって仕方ありません。
b0181740_1650959.jpg



遊んでる最中もしょっちゅう立ち寄って、なつめちゃんを起こそうとします。
b0181740_16505878.jpg
「おねちゅなの?」






あやめちゃんの里親のR様からなつめちゃんへ、お花が届きました。
b0181740_16522517.jpg



いつも あやめちゃんの後を追っかけていた、花のような女の子。
b0181740_16523641.jpg

里親様のお優しさが、ぽっかり穴の開いた心にしみとおっていきます。

R様、ありがとうございます。



間もなくあやめちゃんも、このうちを去って行きます。
b0181740_1784152.jpg




今日のあやめちゃんは、一日中なつめちゃんと遊んでいるかのようでした。
b0181740_1785273.jpg
ヘンな寝かた。


あやめちゃんみたいな転がり方です。
b0181740_1791196.jpg




なつめちゃんと遊ぶ夢を みているのかな。
b0181740_1792074.jpg

[PR]
by suessekatzen | 2009-12-05 00:54 | なつめちゃん

なつめちゃんは ドイ家の子になりました

朝、会社を遅刻して、め組ガールズを病院へ連れて行きました。
小梅ちゃんとあやめちゃんは目が赤くて涙目、
なつめちゃんは、やっぱり赤いお目目と、ウ〇チがゆるゆるなので。

三人まとめて一つのキャリーにぎうぎうに(ってほどじゃないけど)入ってます。
b0181740_1216526.jpg
小梅ちゃんはこの奥。

なつめちゃんはデカいワンコに興味しんしん。
b0181740_1216342.jpg
このあと待合室中を探索してスタッフの人から注意されました。(汗)


三人それぞれに検温、診察、それぞれにお薬をもらいました。
なつめちゃんの軟便は、病気とか感染症とかでなく、食べ過ぎ等による消化不良だろうということで、ご飯を与えすぎないようにという注意と共に、整腸剤と消化の良い療法食をもらって帰りました。

難しい。
昼間お留守番させている分、家にいる間はねだられるままに与えています。
b0181740_1343475.jpg
こんなカワイイ子が足元にピトッとはりついて、つぶらな瞳で見上げて「お腹ちゅいた~」と訴えたら、見て見ぬフリをできる人間がいるでしょうか。
b0181740_12562433.jpg
 


病院から帰って私が出勤する直前も、なつめちゃんは「ごは~んごは~ん」とせがんで私の足元から動かず、しまいには私の足をよじ登って肩まで到達するほど元気いっぱい、ヤル気満々でした。
b0181740_1325452.jpg















事態が急変したのは午後でした。

勤め先に携帯の電話が鳴りました。 

動物病院にいる夫からでした。






まだ家にいた夫が外出する直前、なつめちゃんの様子が急におかしくなり、動かなくなってしまったため、タクシーを呼んでかかりつけの病院へ連れて行きました。
(自転車のほうが早い(&タダ)でしょ!」と詰め寄ったら、
 「自転車だと揺れてなつめちゃんがかわいそうだから。」
 私、反省。)

心肺蘇生措置を施しましたが、午後2時00分、医師から死亡を宣告されました。

b0181740_12232599.jpg
なつめちゃんがどうして目を覚まさないのか、まだ小さいあやめちゃんには分かりません。

病気ではなく、胸部を何かに圧迫され肺に酸素が届かず呼吸困難になったことが原因と思われるとのことでした。高い所から落ちたとき打ち所が悪かったのか、プロレスしてて下敷きになってしまったのか、今となっては知る術はありません。

b0181740_12244499.jpg
いつものようにお鼻チュッ、チュッ、して起こそうとします。 

b0181740_1334819.jpg
在りし日のなつめちゃん。同じようにあやめお姉ちゃまにチュッ、チュッ。




私は〆切迫る資料作成を放り投げて早退しました。
夫は日帰り出張に出かけるところをドタキャンしました。
同行する仕事仲間に電話で伝えたら、途中でガチャ切りされたそうです。
こうやって周りや勤め先に迷惑をかけるのが勤め人の辛いところ。
「妻が事故で・・・」たら意味不明な言い訳もまずかったのでは。 
あとでそれを聞いて、「悪かったね」と謝ったら、「まず、家族。」
今回のことで、あと十年は我慢してあげるよ、夫。







何もかもが突然で、頭が回らずオロオロバタバタするだけで、時間だけがどんどん過ぎていきました。



「何か突発的な事故で、苦しまずに逝ったと思う。」という先生の言葉が救いでした。


そして夫がたまたま家にいる間の出来事だったことも。



そうでなかったら、私は今夜帰宅して玄関にお迎えに出てこないなつめちゃんを、
b0181740_1228131.jpg
昨夜の帰宅時。おヒザに登って「おかえりなちゃい。」が日課でした。


ずっと前に息を引き取って冷たくなったなつめちゃんを、
b0181740_12443387.jpg

いつものように床の上にころんと転がっているなつめちゃんを、
b0181740_12493889.jpg

またこんな所でネンネしてる~と笑いながら見つけたことでしょう。
b0181740_12595194.jpg


b0181740_12503828.jpg



権太とお話ししているのかと思ったら、
b0181740_12311434.jpg


寝てた。
b0181740_12312781.jpg





なつめちゃんの里親様に会社から電話し、事の次第とお話のキャンセルをお伝えしました。

あの寒い日、週末を一日つぶしてお母様とお嬢さんお二人で遠いところをなつめちゃんに会いに来てくださったのは、何のためだったのか。
b0181740_12534181.jpg

この一週間、里親様宅では、皆でなつめちゃんの来る日を指折り数えて待ち遠しく楽しみにしてくださっていたことでしょう。
ご足労いただいただけで結局、元気な可愛いなつめちゃんをお渡しすることができませんでした。





なつめちゃんは生後一ヶ月で保護し、昨日は我が家に来てちょうど一ヶ月目でした。
あまりに短かすぎる生涯の半分を我が家で過ごし、我が家で最期を迎えました。

だから、なつめちゃんはドイ家の子にしたいと、里親様に身勝手なお願いをしました。

ドイ家の子として野辺の送りをし、ドイ家の子として我が家の記憶にとどめておきたい。
b0181740_13244521.jpg
b0181740_132551.jpg






なつめちゃんは 死んで うちの子になりました。
b0181740_13145217.jpg

これからは、いつまでもドイ家の娘です。
b0181740_12524434.jpg



もう一緒に遊べないけど、
b0181740_12513363.jpg
b0181740_12581972.jpg


もうキレキレしてあげれないけど、
b0181740_13305984.jpg
なつめちゃんが苺ベッドでくつろいでいたら、


襲いかかる(キレキレの)魔の手。
b0181740_13314550.jpg



デカいおいちゃんにぶら下がってます・・・。

b0181740_1332143.jpg




なつめちゃんは、あんたたちの妹よ。
b0181740_12453660.jpg



ずっと、うちの子よ。
b0181740_12461295.jpg















『あなたは まだいる。

そこにいる。』


b0181740_1302437.jpg

[PR]
by suessekatzen | 2009-12-03 15:06 | なつめちゃん



共働き家庭でお留守番する猫二匹、ときどき夫の愚痴。
以前の記事
2013年 10月
2013年 04月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
あの子のおうち

★パステル三毛ぬ-こ★
  
トラちゃんの子ぬー子ちゃん
(旧:ミケちゃん)のおうち

りきの毎日
文(あやめ)ちゃんのおうち
にゃ~んず★ライフ
トラちゃんの子もみじ&はっちんのおうち
なまけもの日記
トキちゃんアキちゃんのおうち
月あかり 星あかり
LUNAちゃん(旧:メグちゃん)の
おうち

猫のハヤタ君とアイスちゃん
ハヤタのおうち
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧